クリニック開業を考えるときに考えること

ドクターとしてのキャリアを追求し、自分の診療所を開業することを考えているあなたへ。

開業は一大事業であり、多くの責任とチャレンジが伴いますが、同時に非常に魅力的なものでもあります。開業することによって、自分のビジョンを追求し、独自の診療スタイルを確立することができます。また、患者さんとより深くかかわり、健康に関する問題に取り組むことができます。

開業の魅力は、自由な診療方針の確立、クリニックのデザインやインテリアのカスタマイズ、スタッフの採用や教育、プロモーション戦略の構築、そして患者さんとのコミュニケーションなど、多岐にわたります。あなたの開業クリニックは、あなた自身のイメージや哲学を反映したものであり、それが患者さんに愛される理由の一つでもあります。

もちろん、開業には多くの困難や課題もあります。診療所の場所や物件探し、法律や経営の知識、スタッフや患者さんの探し方、財務の問題、さらには診療報酬や医療保険制度などの知識など、学ぶべきことがたくさんあります。しかし、その努力やチャレンジこそが、開業医としての成長や、クリニックの成功につながるものです。

あなたの開業クリニックは、あなたが描く未来の一部です。その未来はあなた次第です。医師としての技術や知識を駆使し、人々の健康に貢献することはもちろんのこと、事業としての成功も目指してみませんか?開業医として、新たな一歩を踏み出し、自分自身とクリニックを成長させることをお勧めします。

そのためには、開業したいと考えてから最低1年は勤務先に在籍しながら、勤務時間外の時間を使って、自身のクリニックの開業とその後の経営について勉強することをおすすめします。

少子高齢化、人口減少が進んでいく日本の中で、他のクリニックとの差別化を図ることなく開業をするとその後の経営で苦労をすることになるでしょう。

立地や腕がよくても開業がうまくいかない?

上記のデータは厚生労働省による人口10万人対歯科医師数のデータです。

東京が飛び抜けて高いことがみてとれます。

東京は人口も多いですが、歯科医師数も多いのです。この状況ですとたとえ、駅前の好立地に開業したとしても、他のクリニックも同じような場所で開業している状況が考えられて立地だけでは差別化にならない現状があります。また、他の主要都市においてもそのような状況であることが読み取れます。

また、診療技術が飛び抜けていたとしても、それは患者様に伝わるでしょうか。患者様は診療技術に関する知見はほぼないはずですので、あなたがどんなに腕が良くてもそれが伝わらないことの方が多いでしょう。

まんべんのない戦略

では、クリニック開業で成功するには何をしていけばいいでしょうか。

今、考えている答えとしてはまんべんのない戦略です。

何かに特化してクリニック運営をしていくというよりは

広告掲載であったり、自分の診療所にあったスタッフを採用するための流れであったり、

一つ一つは当たり前で地味ですが、積み重ねが差別化になって行きます。

銀行との付き合いも開業資金を調達して終わりではなく、その後の設備投資や運転資金の相談をすることを考えて良好な関係を築くようにしていきましょう。

特別なことではなく当たり前を積み重ねて行くことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました